エアコン、停止

腐食

エアコンの腐食

エアコンの熱交換器が腐食され、壊れかかっています。(応急処置として、針金で補助しました。)

ポンプ詰まり

ドレンポンプの詰まり-排水

エアコン内部の結露水を排水するドレンポンプの吸い込み口が詰まっていてます。これでは排水が困難です。

凍結

エアコンの凍結

フィルター清掃が不十分で汚れが熱交換器の中へと蓄積され続け、熱交換器表面が凍ってしまっています。


このままで進むと、エアコンは運転を停止します。⇨ 高額な修理費用が発生します。

室内・店舗内の快適な環境、経費削減する為には
定期的なエアコンクリーニングのメンテナンスが必要です。

では、どのくらいの頻度で 「エアコンのクリーニング」が必要でしょうか?
  • オフィスでは、3年毎に1回。
  • コンビニやスーパーでは、1年毎に1回。
  • ご家庭のエアコンは、3年毎に1回を、おすすめいたします。

3年以上ご使用のエアコンは、カビ・ほこり・ダニ・悪臭に汚染されています。
熱交換器・フィルターが、ほこり等の目詰まりで、風量が10%減少すると、電気料金が、25%アップします。

まずはお気軽にご相談ください。

↑  エアコン修理の原因” は、50%以上がエアコンの汚れです